事業案内Business Lines

フルハシEPOの事業

人・環境・社会との共存共栄へ

CO2フリーのクリーンエネルギー

当社は川崎バイオマス発電株式会社に住友共同電力株式会社、住友林業株式会社とともに共同出資しています。

バイオマス発電イメージ

川崎バイオマス発電所は石油・石炭等の化石燃料を使用せず、木質バイオマス※ 燃料を利用するバイオマス専焼発電設備です。木質バイオマス燃料として、周辺地域で発生する建設廃材から作られた木質チップ、樹木の間伐材、剪定枝等を利用しています。
木質バイオマスを利用することにより、「CO2フリー電気」※※ を皆さまに提供しています。

詳細は「川崎バイオマス発電株式会社ホームページ」をご覧ください。
http://www.kawasaki-biomass.jp/

※バイオマス
生物資源(bio)の量(mass)を表す概念で、一般的には「再生可能な、 生物由来の有機性資源で化石資源を除いたもの」を示す。

※※CO2フリー電気
CO2を排出せずに発電された電気のことで、代表的なものとして再生可能エネルギーを利用した発電(太陽光、風力、水力発電など)が挙げられる。実際に木質バイオマス燃料を燃焼させるとCO2が発生するが、このCO2はもともと大気中から樹木が吸収していた炭素が大気中に戻るだけであり、大気中のCO2濃度に影響を与える(CO2が増加する)ことはない。この考え方をカーボンニュートラルという。

木質リサイクル woody Recycle

環境理念

フルハシEPOグループでは、木質廃棄物からリサイクルチップを生産し、紙やパルプ原料のほか、ボードのなどの建材、また石油代替のバイオマスエネルギーとして有効活用しています。住宅新築時および解体時に排出される副産物のゼロ・エミッションや物流ネットワークを活かし、木質廃棄物を回収、分別、そしてリサイクルチップへと一貫したシステムを確立しています。
私たちは、木質バイオマスのカーボンニュートラルに基づき、高度な循環利用を通じて森林保護、CO2削減に貢献します。

製造業や建築現場から排出される木材は一般的に「廃棄物」として取り扱われますが、これらを「上質紙」、「建築材料」、「バイオマス燃料」などの資源に有効利用することができます。
当社は最先端の技術を駆使し、「木質の100%リサイクル」を達成しています。

木質リサイクルの流れ 木質リサイクルについて知っていますか?

建設物副産物リサイクル事業 Plastic recycle

ひとつの建物ができあがるまでに、現場からはさまざまな資材の副産物が生まれます。それらを徹底的に選別し、リサイクルすることで資源の有効利用を図ります。フルハシの『建築副産物リサイクルシステム 』は、独自の収集システムによって「コストダウン」と「リサイクル率UP」を実現します。また、広範囲なエリア対応で、住宅メーカーから各種製造メーカーまで幅広くサービスを提供させていただいております。

建設物副産物リサイクルでどんなものにリサイクルされるか。

物流・資材購入をお考えの方へ

物流機器ラインナップ

物流機器ラインナップ

破損したパレットもリフォーム+リメイクすることにより再利用を行います。またリサイクルできないパレットは、パレットの部材として再利用したり、木質資源として、製紙・ボード用のチップもしくは木質系燃料として生まれ変わります。コスト削減はもちろん、環境にもやさしいパレット修理をハード・ソフトの両面から様々な方法でご提案致します。
お問い合わせ・ご購入は「LOGIONLINE」をご覧ください。
http://www.logi-online.com

パレットイメージ
F-CONシリーズ

リサイクル資源の分別から効率的な回収まで、CO2とコストを削減するメッシュボックスです。
キャスター付、カラーなどお客様仕様に対応いたします。
お問い合わせ・ご購入は「LOGIONLINE」をご覧ください。
http://www.logi-online.com

効率的な分別回収BOX

•フォークポケットを利用してF-conを回転する事により、
内容物の取り出しが容易になります<TypeAのみ>
•吊り金具付きですので、クレーンで吊る事が可能です<TypeAのみ>
•段積み可能ですので、効率よく分別できます
•折り畳み式ですので、保管時の省スペース化に貢献します
•防錆力に優れています

分別回収BOXイメージ
カーゴボックス 倉庫内の空間有効利用

•段積が出来るカーゴボックスです。
空間スペースを有効利用でき、キャスター付で移動もラクラクです。
保管時は折り畳みできます

カーゴボックスイメージ

安全・安心!適正副産物処理 エリオット(廃棄物情報管理システム)

携帯電話やパソコンからの配車依頼にも対応し、効率のよい収集を実現します。
副産物情報の提供も行います(電子マニフェストと連動)。

適正副産物処理 エリオットの説明図

3つのプロジェクト

グリーン・ジャパン・プロジェクト ブルー・オーシャン・プロジェクト オレンジ・サン・プロジェクト
www.fuluhashi.co.jp ©allrights reserved by Fuluhashi EPO Corporation since 1947
このページのトップへ