フルハシEPO株式会社

フルハシEPOのSDGsSustainable Development Goals

SDGs・サステナビリティ

SDGsへの取組み Sustainable Development Goals

持続可能な開発目標

2015年9月、国連サミットにおいて「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。
アジェンダでは行動指針として、2030年までの実現をめざす「持続可能な開発目標(SDGs: Sustainable Development Goals)」を掲げており、17の目標と169のターゲットに全世界が取組むことによって「誰一人取り残さない」社会の実現をめざしています。

Sustainable Development Goals

フルハシEPOの4つのテーマ

当社の企業活動は、SDGsの17の目標に広くかかわりますが、特に関係の深い6つのゴールに重点を置いて推進しています。

  • テーマ1

    木質バイオマスを中心に、クリーンエネルギー事業を推進、地球温暖化防止に貢献します。

    • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
    • 気候変動に具体的な対策を
  • テーマ2

    新たな可能性にチャレンジし、積極的に技術開発に取組みます。

    • 産業と技術革新の基礎をつくろう
  • テーマ3

    都市における木材資源リサイクル(資源循環)を強力に進め廃棄物の削減と持続可能な街づくりに貢献します。

    • 住み続けられるまちづくりを
    • つくる責任つかう責任
  • テーマ4

    木材資源のリサイクルにより、国内外の過剰な森林資源の消費を抑制します。

    • 陸の豊かさを守ろう

企業活動とSDGsの関係

事業に深くかかわる6つの目標のほか、組織体制、プロジェクトに関係する目標を含め、企業活動と各目標の相関関係を図式化しました。

企業活動とSDGsの関係

フルハシEPOグループのテーマ

フルハシグループのSDGs

フルハシEPOのSDGs取組み

社員向けSDGs研修の実施

理解社員向けSDGs研修の実施

SDGsに関する理解向上を目的に、社員を対象としたSDGsの研修を実施しています。
SDGsの趣旨や企業が取組む意義、フルハシEPOの企業活動との関連について講義やワークショップで学びます。

主力業務を通した貢献

取組み主力業務を通した貢献

フルハシEPOは、主力業務として木質リサイクルチップの製造を行っています。建設廃材を廃棄物ではなく、資源として有効活用しています。製造された木質リサイクルチップの一部は、バイオマス発電燃料としてクリーンエネルギーを生み出しています。

コミュニケーションと報告

報告コミュニケーションと報告

フルハシEPOではE(環境)、S(社会性)、G(企業統治)などの非財務情報を「フルハシEPOレポート」において開示しています。
今後、SDGsへの取組みも、同レポートにおいて開示・報告していきます。

フルハシEPOは「国連グローバル・コンパクト」に参加しています

当社は、2005年から国連グローバル・コンパクトに賛同し参加しています。グローバル・コンパクトは、1999年の世界経済フォーラムにおいて、コフィー・アナン国連事務総長(当時)が企業に対して提唱したイニシアチブです。グローバル・コンパクトは企業に対し、人権・労働権・環境・腐敗防止に関する10原則を遵守し実践するよう求めています。
当社はSDGsとのかかわりを含め、透明性や健全性、倫理性のある事業活動を推進することで、グループ経営にグローバル・コンパクトの精神を取り込んでいます。

グローバル・コンパクトロゴマーク
www.fuluhashi.co.jp ©all rights reserved by Fuluhashi EPO Corporation since 1947
このページのトップへ