フルハシEPO株式会社

3つのプロジェクト3 Project

グリーン・ジャパン・プロジェクト

グリーン・ジャパン・プロジェクトのイメージ

国内に眠る森林資源の有効活用に挑戦しています。

我が国では、国土の2/3を占める森林において、多くの樹木が樹齢50年を超え伐期を迎えています。これらの森林資源は、木材として住宅や家具以外にも各種産業で幅広く活用出来る天然資源であり、豊富に存在する木質バイオマスと呼ばれます。

我々の生活を住宅等として長きにわたり支えた木材をカスケード利用するため、当社工場へ受け入れ木質チップに加工、製紙原料や木質建材などの原料としてリサイクル。あるいは石油代替燃料としても活用されており、近年では川崎バイオマス発電所(2011年稼働)、CEPO半田バイオマス発電所(2019年稼働)でも木質バイオマス燃料として活用しています。
木質バイオマスのエネルギー変換は、樹木の成長過程で大気から吸収した炭素を活用するもので、化石資源由来のエネルギーと違い新たな二酸化炭素(CO2)を排出しない「カーボンニュートラル」と評されています。

GJPでは、木質バイオマスの持つポテンシャルを、電気・熱エネルギー利用や、バイオマスリファイナリーと呼ばれるアルコール変換、素材開発に取り組んでいます。

ブルー・オーシャン・プロジェクト

ブルー・オーシャン・プロジェクトのイメージ

海洋バイオマス開発に取り組んでいます。

日本の国土面積は38万km2ですが、海で囲まれた日本の排他的経済水域(EEZ:Exclusive Economic Zone)は領海を合わせて世界第6位の447万km2にもおよびます。この広大な海洋を有効活用することにより、大規模な海洋バイオマス生産が期待できます。

BOPでは、海洋バイオマス生産およびその有効活用(資源・エネルギー・工業原料・食糧・医薬品など)を目指して研究開発を進めています。現在は、光合成が旺盛で成長が速く、高いCO2吸収力が期待できる緑藻類「スジアオノリ」に着目し、富山県入善町において清浄で栄養塩に富んだ海洋深層水を活用した陸上養殖プロセスの開発に取り組んでいます。

将来的には更なる分析を進め、食糧に限らず医薬、工業原料などとしても活用できるような技術開発を目指しています。

オレンジ・サン・プロジェクト

オレンジ・サン・プロジェクトのイメージ

無農薬・無化学肥料の有機栽培に挑戦しています。

農業に限らず、林業、水産業などの第1次産業において、従事者は高齢となり、後継者問題を抱えています。平野部においては、放置された農地(耕作放棄地)が目立つようになってきました。

OSPでは、その耕作放棄地を借受け稲の有機栽培に取り組んだ後、近年では農業用ハウスにおいて無農薬・無化学肥料で行う有機水耕栽培の技術確立を進めています。後継者問題のある農業において、労働生産性を高め、周年栽培を通し、農業による収益を高める仕組みを展望し、基礎的な栽培システムを特許化いたしました(特許第6347878号、特許第6747731号)。

私たちは、「always ecology, forever healthy.」の理念のものと、真に安心・安全な食を提供するシステムを構築し、持続可能な社会構築に資することを目指しています。

www.fuluhashi.co.jp ©all rights reserved by
Fuluhashi EPO Corporation since 1947